前へ
次へ

自己破産とはかなり大変な行為になります

債務者が借金から解放されるために自己破産手続きをするというのは珍しくはないのですが免責手続きというのが必要になります。
債務整理をするというのは決して簡単なことではないです。
申立から破産手続き開始まで色々とやることがあるのですが自分の住所を管轄する地方裁判所に自己破産手続きの決定と免責許可の決定を求めることになります。
申し立てを受けた裁判所は申し立てが適法であるのかどうかなどの審査を行うということになります。
この調査に関してですが書面で行うこともありますし直接債務者を呼び出して話を聞くということもあります。
破産手続き開始決定が起きたとしてもまだは破産手続きの入り口に入っただけであり、ここから管材事件というものになり破産管財人というのが選任されて以後はその人が様々な手続きなどを行うということになります。
自己破産というのはそれだけ大変な行為になります。
ですから、軽々しくできる行為ではないと理解しておきましょう。

Page Top