前へ
次へ

リスクも多い自己破産

金融機関の利用などでお金を借りている状態から、どうしても返済できなくなってしまった場合は、自己破産という選択肢があります。
自己破産の手続きをすると借りていた分のお金を返さなくても済むようになりますが、もちろんそのメリットに見合うだけのリスクがあります。
まず手元にある分は返済に充てなければならないので、一定の額以上のお金を手元に残しておくことができません。
そして家や車といった資産は差し押さえられて、競売などでお金に替えた後で債権者に分配されます。
また借金でのトラブルのため、ブラックリストに登録されます。
およそ5年から10年の間で、借金ができなくなったり、クレジットカードの審査にほとんど通らないような状態になります。
その情報は国の機関紙である官報に掲載されるため、実質的には自己破産をしたという情報を誰でも知ることができるようになります。
したがって自己破産は行き詰ってしまった時の最後の手段と言えるでしょう。

Page Top