前へ
次へ

自己破産後の生活は一体どうなるのか

自己破産をしてしまうと一切の負債は免責になりますが、その後はどのような生活になるのかという事を知らない人もいると思います。
自己破産情報は官報に掲載されるのですが、これは一般の人が閲覧出来る類いのものではありません。
だから人に知られたらどうしようということは考える必要はありません。
戸籍や住民票に載ってしまう事もないので、過度な不安にかられる必要はありません。
ただ信用情報機関には記載されるので、ローンを組んだりクレジットカードをつくるというような事は一定期間出来なくなります。
期間は5年から7年程度で、この期間を過ぎれば普通の状態に戻ります。
破産後に稼いだお金は債権者にわたるという事もなく、収入は全て自分の物になります。
一生ビクビクした生活を送るんだろうかという心配は無用なんです。
借金を返済する必要がなくなるからと急に散財しだすのは注意しないといけません。
もしまた返済出来ないような借金を背負っても、7年は救済してもらえないので注意が必要です。

Page Top