前へ
次へ

自己破産をした際に発生するリスク

自己破産ないし個人破産というものが在ります。
これは、借金を返せなくなった個人が、債務弁済事件を管轄する地方裁判所に申し出をすることにより、借金を免除する倒産制度となります。
自己破産をする場合は、利点としては、債務そのものが免除されることになります。
 ただ、個人破産をしたからといって、利点のみが発生するわけではないのが実情となっています。
短所となるものも存在しており、これは知っておく必要があります。
個人破産をしたといえど、債務免除にならないものがあります。
それは、賭博行為(競馬やパチンコといった遊戯)、生活費とは関係無い豪奢品の購入による浪費、といったものです。
また、担保付きの債権(銀行との間で締結している住宅ローン・抵当、質権設定による債権、商人同士での債権で、「機材を修理した際に発生する修理費」といった商事留置権)、個人破産をするのが農家で「使用人に報酬を払う義務がある場合」は財産そのものは競売に掛かります。
 他には、個人破産の短所としては、官報に破産者情報が掲載されることになり、好ましくない出来事が起こる可能性は否定できないようです。
他には、借入に関しては「信用が無い人」となるので最大でも10年間は借入できなくなるということです。

Page Top