前へ
次へ

借金をゼロにできる債務整理が自己破産

借金の返済が厳しい状態にあるときは債務整理を検討する必要があります。
任意整理や個人再生などで解決できるケースが多いですが、これらの方法で無理な場合は自己破産を検討してください。
借金を帳消しにできる唯一の方法であり、裁判所に申し立てをして免責がおりると借金がゼロになります。
数百万円の借金はもちろん、数億円にもなる多額の債務もゼロにできます。
自己破産のデメリットには住宅を失うことがありますが、それを考慮しても借金がゼロになるメリットは上回っているでしょう。
住宅を失っても賃貸の利用はできますから、住むところは確保できるわけです。
自己破産をすると7~10年間はローン契約が不可となりますが、賃貸を借りることはローンには該当しません。
自己破産をすると官報に掲載される問題がありますが、官報で周囲に破産の事実を知られる可能性は低いです。
官報とは政府が発行する機関誌ですが、一般の人が閲覧することはまずないからです。

Page Top